Получить небольшой кредит сейчас не так сложно. Микрозаймы от 1000 рублей до 30000 рублей выдаётся по одному паспорту гражданина РФ. Для того, чтобы получить займ на карту круглосуточно вам не нужно предоставлять залог и поручительство. Детально ознакомится с условиями получения займов вы сможете ознакомиться здесь, выбрать альтернативные микрофинансовые организации поможет страница http://credit-n.ru/zaymyi.html, где находится расширенный перечень кредитных организаций и их условий.
信州限定食材シリーズ

信州限定食材★食ませ!『信州サーモン』お家レシピ大公開します!

 

信州サーモンは、安曇野の水産試験場で作られた
信州オリジナルの『サーモン』

 

日本人は『サーモン』が大好き!!

お寿司屋さんのネタでもベスト10の常連ですね!

そんなサーモン好きな日本人の1人となれば、『信州の限定サーモン』
『信州サーモン』ってどんなの?と気になるところ。

★ 長野に観光にきたお客さんが宿泊するホテルや旅館では、ご当地食材として、
お料理によく登場します。

小ぶりでもBIGな信州サーモン

信州サーモン1

信州サーモンは本当に大きい!!大きさから『鮭』

私が、今回知り合いの川魚専門店の人に頼み込んで入手した「信州サーモン」
極力小ぶりで…とお願いしたにもかかわらず、渡された発泡スチロールの中から
登場した『信州サーモン』クンのサイズは優に50~60cmはありそう・・・
重さも2キロ近い・・・・

信州サーモン2

あまりの大きさに『絶句』・・・・

しかも、結構ぬるぬる肌・・・・

サバクの大変そう・・・(;^_^A

鰯ごときに悪戦苦闘する私には到底サバケなさそうなので、自称 我が家の解体屋の
旦那にさばいてもらう事にしました。

我が家のような解体屋さんがいないご家庭では、すでにさばいて売っているものか、もしくは購入先で潔くさばいていただくことをお勧めいたします。

我が家の解体屋さんも、この大きさとぬるぬるお肌に悪戦苦闘!!

出刃包丁の歯をこぼしつつなんとか3枚におろしてくれました。

さばく

購入は 川魚専門店に予約するとリーズナブル!

お土産を取り扱うショップなどではすでに加工されたものが売られています。

私のように加工されていないものが欲しい時には、川魚専門店に相談してみましょう。

ちなみに私は旦那の知り合いが川魚専門店を営んでいることを思い出し、旦那にお願いしてもらいました。

今回『信州サーモン』をお取り寄せしていただいた上田市の『千鳥屋』さんです!

信州サーモン買えます!!

信州サーモンは信州の地魚なのですが、養殖で、手間がかかることから、大手スーパーに流通させるほど大量生産がされていません。

手間もかかる為か少々コストもお高め・・・・

という・・・地元のB級グルメにするにはちょっぴり高級魚!!

というわけで、県下の大手スーパーさんに『信州サーモン』は常備並んでいません。

確実に欲しい時は通販で取り扱店を探して購入するか、川魚を専門とするお店に相談してみるとよいでしょう。

通販で購入すると半身などで購入できますが、1キロくらいで6000円前後します。

そこにクール宅配の送料が1000円前後かかってきますので、ちょっと割高。

川魚専門店にお願いしてお店に出向くと、匹4000円前後から購入できるかもしれません。

因みに今回私が用意していただいた超小ぶり?サイズの『信州サーモン』クンのお値段は
4000円でした。

サバクのがとても大変でしたが、いろいろなレシピが楽しめそうです!!

信州サーモンのお味は?!

まず、食感!!
身がしまっていて、ぷりぷりです。

一般のサーモンのように身は柔らかくないです。

歯ごたえのある食感。

鯛の刺身に似ているかも・・・色はサーモン食感は鯛。

信州サーモン5身の色は、ご覧の通りサーモンとほぼ同じ・・・・
見た目は一般のサーモンと変わりませんが、食べ比べると食感から違う事に気が付きます。
お刺身でも勿論いけます!
今回は、『信州サーモンのカルパッチョ』、『信州サーモンのホイル焼き』
骨の間についた剥き身を使って『カナッペ』に挑戦してみました!

信州サーモン・お家で簡単お料理レシピ

『信州サーモンの和風カルパッチョ』

材料
信州サーモン適量
好きな野菜(今回はレタス、トマト)

カルパッチョソース材料
オリーブオイル大さじ2
醤油大さじ1.5杯
お酢 大さじ1.5杯(酸っぱいのが好きな人は多めで)
砂糖 小さじ2杯
にんにくみじん切り適量
わさび
黒コショウ

庭にバジルがあったので、今回はガルパッチョソースにバジルを加えてみました。

作り方
① カルパッチョソースの材料を全部混ぜ合わせます!
② お皿に野菜とサーモンを盛り付けます。
③ ガルパッチョソースをかけてはい!!出来上がりです。

醤油にオリーブオイルとバジルの香りがついたソースにみじん切りのにんにくと
ほんのり甘すっぱい味が、信州サーモンと旬の野菜に合います!!

信州サーモン半身を使ってしまい、ちょっと多すぎたかな?と心配しましたが、
何のことはない!!信州サーモンに臭みもなく食感もいいので完食してしまいました。

野菜もしっかり取れます。それに加え、信州サーモンは一般的なサーモンより高たんぱく
で低脂肪!寄生虫の心配もいらないのでおいしくヘルシーに生食(お刺身)でカルパッチョが楽しめました!

『信州サーモンのホイル焼き』
なんたることでしょう・・・(;^_^A

写真を撮る前に撮り分けてしまい・・・・少々お見苦しい画像になってしまいましたが、

これも、超簡単です!!

材料
信州サーモン半身の2分の1
バター20グラム程度
玉ねぎ4分の1個
アスパラ2本~3本
しめじ適量
塩・胡椒少々
好みで溶けるチーズ

作り方
① 玉ねぎを薄くスライスしておきます。
② しめじは小分けにしてアスパラは適当な大きさにカットします。
③ 信州サーモンの下に少し大きめにきったアルミホイルを敷きます。
④ 塩胡椒を軽く振ります。
⑤ 玉ねぎ・アスパラ・しめじを信州サーモンに載せます。
⑥ その上にバターと好みで溶けるチーズをのせてアルミホイルで包みます!!
⑦ 250度で予熱しておいたオーブンへ投入!!20分程焼きます。杯出来上がり!!

熱いのでやけどに注意して少し深めの容器に盛り付けます!

身がしまっているので、サーモンのホイル焼きのように身がほろほろしません!
噛み応えがあり、身に沁み込んだ野菜としめじのエキスがバタ―の風味によくなじんで
口の中に上品な旨味が広がります。

簡単に出来上がる上に見た目も華やかで、半身をそのまま使えば大勢の人が集まる
パーティー食にもピッタリと言った感じです。

子供からお年寄りまで老若男女問わず楽しめる1品になると思います。

2人目の孫が来月誕生します。
普通色が食べられる1歳ころの誕生日過ぎには『信州サーモン』のホイル焼きを作ってあげたいなと思いました。

『信州サーモンの剥き身のカナッペ』

材料

クラッカー 適量
コンビニサラダ1袋(今回はセブンの明太ポテサラ)
信州サーモンの骨の間から包丁でこそげ落とした剝き身
チーズ
生ハムチーズ

作り方

三枚におろした『信州サーモン』の骨の間にはとにかく身が残ります。
もったいないと思ったので、マグロのようにスプーンで身を剥き落とせないかと
トライしてみました。

結果は惨敗…泣き

身がしまっている『信州サーモン』クンの身はスプーンでは剥けません。

そこで、ミニ包丁を使ってせこせこそぎ落としました。

50gくらいとれたのでしょうか・・・・
小骨あるので、そぎ落とした物を包丁で更にたたきました。

コンビニで売ってるサラダを購入してきて混ぜ合わせてクラッカーの上にのせました。

家にあった物を適当に信州サーモンのサラダあえに乗せてOK!!

お酒がすすむ1品となりました。

※ これで信州サーモンはしっかり1匹いただきました。
後に残ったのは、頭を含めたアラと骨と半身分の皮だけ・・・

アラはアラ汁に・・・骨と皮はおせんべいにして楽しもうかと思い、フリージングしました。

信州サーモンを食べに信州カーモン!!

信州サーモンはニジマスとブラウントラウトをバイオテクノロジーで交配した魚。

ニジマスは全国どこにでもいる淡水魚ですが、ブラウントラウトは北海道と長野県の河川の一部で自然繁殖が確認されているヨーロッパ原産のサケ科の淡水魚です。

ニジマスはよく塩焼きにして食されます。
寄生虫がいるのであまり生で食すには不向きな魚です。

一方ブラウントラウトも食用されていますが、下処理をしっかりしないと少々生臭さが
残る魚のようです。
(ちゃんとした処理できれば美味しいらしいです)

ニジマスとブラウントラストのいいとこどりの改良魚『信州サーモン』

コストは少し張りますが、特別な日の特別な一品として、簡単に料理ができる魚ですで、
1度は食べていただきたいと思います!!

今年の夏は、お盆で家族が勢揃いした食卓を「信州サーモン」で華やかに彩りを添えてみたてはいかがでしょうか。